軽の商品性調査で三菱 i がトップ…JDパワー

自動車 ビジネス 企業動向
軽の商品性調査で三菱 i がトップ…JDパワー
軽の商品性調査で三菱 i がトップ…JDパワー 全 3 枚 拡大写真
JDパワーアジア・パシフィックは31日、日本の2006年軽自動車商品性評価調査の結果を発表した。新車購入から2−7カ月経過した個人ユーザーに性能やデザインなどの魅力度を評価してもらうもので、三菱自動車の『i』(アイ)が723点を獲得してトップとなった。

今年で6回目の調査となったが、i の得点は過去最高。調査項目8カテゴリーのうち「快適性・利便性」を除く7カテゴリーでトップの評価となった。

2位はホンダの『ゼスト』(669点)で、今年に投入された新モデルが上位にランクされた。3、4位にはダイハツ工業の『ムーヴラテ』(667点)と『タント』(661点)がランクされた。

調査は昨年12月から今年5月までに購入したユーザーに郵送で実施、3164人から回答を得た。調査対象は7メーカーの35モデル。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW 3シリーズ・セダン 新型
  • 日産のブランドアンバサダーに就任した木村拓哉
  • J.D. パワー 2020年 日本自動車セールス満足度調査 ブランド別ランキング(ラグジュアリーブランド)
  • ホンダ・フィット
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ