整備不良のパトカーを回送した警官、道交法違反で検挙

自動車 社会 社会

宮崎県警は10月27日、車体からタイヤがわずかにはみ出した状態のパトカーを運転したとして、えびの署に所属する51歳の警察官を道路交通法違反(整備不良)容疑で25日に検挙していたことを明らかにした。検査のために陸運事務所まで公道を走行してきており、これで違反となった。

宮崎県警・交通指導課によると、今年9月下旬、宮崎県公安委員会に対して「えびの署で使用中のパトカーに整備不良の疑いがある。精密に測定しないとわからない範囲だが、車体からタイヤがはみ出している」との匿名通報が寄せられた。

このため、県警は同署に対して「パトカーを宮崎陸運事務所に持ちこんで検査するように」と指示。10月3日に51歳の同署員がパトカーを自走させて同事務所に行き、測定を実施。この結果、タイヤ4本のうち3本が車体から2-4mmはみ出した状態で装着。整備不良車両であることが発覚した。

このため、このパトカーを走らせた運転者の責任が問われることとなり、警察官に対して反則処理をせざるえなくなってしまった。

問題のパトカーには韓国メーカー製のホイールが装着されていた。サイズに問題は無かったが、タイヤとの組み合わせや、車体への装着性が悪く、わずかであるがはみ出した状態となった。警察では今回の事態を受け、県警で所有する全車両(928台)の一斉点検を行ったが、他に異常のある車両は無かった。

《石田真一》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ポルシェのEV『タイカン』がニュルで新記録、テスラ抜いた
  2. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  3. レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か
  4. 【マツダCX-60】7月末時点での受注が6400台に、ディーゼルモデルに人気
  5. ジャンボフェリー32年ぶりの新船「あおい」10月22日初就航、9月20日より先行予約開始
  6. 高級ミニバン戦争が再加熱!? 『アルファード』次期型は2023年登場へ、進化する「キング・オブ・高級ミニバン」の姿とは
  7. 【日産 フェアレディZ 新型試乗】やっぱりZはイメージ通りの「デートカー」でした…竹岡圭
  8. レクサス GX の米2023年型が発表、「ブラックライン」も引き続き設定
  9. 日産 スカイライン のインフィニティ版『Q50』、最強グレードは405馬力[詳細写真]
  10. 水素内燃エンジンがディーゼル並みの出力…2026年度にトラック市販めざす
ランキングをもっと見る