トーヨータイヤターンパイク、IBAサービスのデモを披露

自動車 テクノロジー ITS
トーヨータイヤターンパイク、IBAサービスのデモを披露
トーヨータイヤターンパイク、IBAサービスのデモを披露 全 6 枚 拡大写真
トーヨータイヤターンパイク(箱根ターンパイクを改称)は、次世代料金徴収システム「IBAサービス」を導入した。サービスに登録したユーザーは運転中に財布を開く必要がなく、、ハンズフリー&キャッシュレスで通行可能となる。3月1日から登録受付を開始した。

ターンパイクの料金所では、ETCとは違い必ず一旦停止する必要がある、正しく決済されると、パトライトが点滅するようになっている。

IBAサービスを使って料金所を通過すると、ユーザーの携帯電話にターンパイクからメールが届き、周辺の観光情報や割引クーポンなどが入手できる。

特典は、ビューラウンジでのフリードリンク200円引き、近くのガソリンスタンドでのガソリンの割引、箱根周辺の美術館の入場料割引、箱根周辺の日帰り温泉の入場料割引など、様々ものを企画中。トーヨータイヤターンパイクでは、IBAサービスの導入で地域の活性化につなげていきたいとのこと。

IBAサービスは、三菱商事、NTTデータ、三菱電機の3社が共同で出資する「ITS事業企画」が展開するサービスで、現在高速道路で利用されているETCのユーザー登録情報を利用し、駐車場、ガソリンスタンド、ドライブスルー、デパートなどでの決済を可能とする。

サービスを利用するにはETC車載器と事前申込が必要だ。また料金の決済はETCカード経由ではなく、IBAサービスに登録したクレジットカードから引き落とされる。

●IBAサービス
http://www.itsbiz.co.jp/

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • YOKOHAMA A-008P
  • 2018年開催の様子
  • 箱根ターンパイク
  • アプリリア・RSV4 ファクトリー APRC
  • 日産 フェアレディZ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW SMV 市販プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ