軽自動車シェア---ダイハツの年度トップは確実に

自動車 ビジネス 企業動向
軽自動車シェア---ダイハツの年度トップは確実に
軽自動車シェア---ダイハツの年度トップは確実に 全 1 枚 拡大写真
全国軽自動車協会連合会が発表した2月のブランド別軽自動車販売台数では、ダイハツが前年同月比8.7%増の5万9138台となり、3カ月連続でトップとなった。これでダイハツの2006年度の軽市場のシェアが34年ぶりにトップとなる可能性が高くなった。

スズキは輸出用小型車の生産を優先するため、軽自動車を減産している影響で、販売台数も同3.2%減の5万7502台にとどまった。日産は『ピノ』が加わったため、同13.1%増の1万7032台となり、2カ月連続で3位だった。

ホンダは『ゼスト』が順調で同1.5%増の1万6909台だった。三菱自動車は、同28.0%減の1万3768台と大幅に落ち込んだ。スバルは『ステラ』が健闘しており、同13.2%増の1万2997台と、2ケタのプラス。マツダは同2.0%減の5319台だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ・タフト
  • スズキ・ジムニーシエラ
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • ホンダ CBR250RR(2018年)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ