三菱ふそう、エンジンをフィアット子会社から調達

自動車 ビジネス 企業動向
三菱ふそう、エンジンをフィアット子会社から調達
三菱ふそう、エンジンをフィアット子会社から調達 全 1 枚 拡大写真
ダイムラークライスラー社は、フィアットの子会社フィアット・パワートレイン・テクノロジー社との戦略的提携を締結したと発表した。提携の第一ステップとして、三菱ふそうトラック・バスが2009年からフィアット・パワートレイン・テクノロジー社から小型エンジンの供給を受ける。

三菱ふそうは、中・大型エンジンをダイムラーから調達する予定で、今回の提携でエンジンの開発・生産から撤退する。ダイムラーでは、さまざまな要素を慎重に検討した結果、決定したとしている。 

三菱ふそうは、「供給を受ける小型トラック用エンジンは燃費に優れ、環境性能に優れ、高い能力をもったエンジン。環境規制の強化で、開発投資が膨大となる中、他のサプライヤーとコストを共有しスケールメリットを追求することは有意義と判断した」としている。

三菱ふそうでは、エンジン供給を受けて優位な価格競争力を持つことにより、他の製品並びに開発プロジェクトに大規模な投資を行い、引き続き高品質、高性能で高い価値を持った製品を提供するとしている。

今後、日本の国内法規への適合、国内外の顧客のニーズに対応するための開発体制は維持するとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱ふそうエアロエース
  • 改善箇所説明図
  • 三菱ふそう川崎工場“Factory of the Future”
  • オーストラリアで発表した大型トラック
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2007/06/19/95966.html/article/2007/06/19/95978.html/article/2007/06/19/95963.html