ダイムラーとクライスラー、分離

自動車 ビジネス 企業動向
ダイムラーとクライスラー、分離
ダイムラーとクライスラー、分離 全 1 枚 拡大写真
大西洋を挟んだ巨大自動車メーカーの合併が終わりを告げた。ダイムラークライスラーからクライスラーグループが分離・再独立した。ダイムラークライスラーとクライスラーグループが3日、発表した。

ダイムラークライスラーからニューヨークに本拠を持つ投資会社サーベラスの子会社へ、クライスラーグループの資本の移動が、同日完了した。5月の発表の通り、クライスラー・ホールディングスLLCがクライスラーグループ資本の80.1%を所有し、ダイムラークライスラーは19.9%を維持する。

売却の条件と経済的な影響は、基本的に5月の同意時点から変わっていない。ダイムラークライスラーは売却による財務への影響を8月29日に発表する予定。

またダイムラークライスラーは社名を「ダイムラー」に変更する予定。10月4日の臨時株主総会で正式決定する。

いっぽうクライスラーの「ペンタスター」がリニューアルされ、マークとして復活する。こちらは8月6日に発表される予定。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新社名はダイムラー
  • 新クライスラーがニッチ宣言
  • クライスラー新CEOにナルデリ氏
  • クライスラーグループ、サーベラスへの売却手続きが完了
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2007/08/04/97746.html/article/2007/08/04/97744.html/article/2007/08/04/97748.html