トヨタ クイックデリバリー200を一部改良

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ クイックデリバリー200を一部改良
トヨタ クイックデリバリー200を一部改良 全 1 枚 拡大写真

トヨタ自動車は、ハイブリッド車の『クイックデリバリー200』を一部改良し、4日から発売開始した。

今回の改良では、ファイナルギヤを改良し、減速比を小さくして駆動力を効率的に活用することで、燃費を約6%向上させ、2015年度重量車燃費基準を達成した。

従来から、新長期排出ガス規制に対応するとともに、NOx(窒素酸化物)およびPM(粒子状物質)排出量を、それぞれの規制値より10%以上低減した「低排出ガス車」の認定を国土交通省より取得しており、今回の2015年度重量車燃費基準達成とあわせ、グリーン税制による減税措置対象車となった。

価格は538万8600円。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバルの3列シートSUV、新グリルで大胆チェンジ…『アセント』2023年型[詳細写真]
  2. スバル インプレッサ はAWD標準、コンパクトカーで唯一…2023年型を米国発表
  3. ベントレー コンチネンタルGT 史上最速、「マリナーW12」発表…グッドウッド2022
  4. 日産『シルビア』が初代デザインのBEVで復活!? 2024年発売の可能性
  5. マセラティ『MC20』にオープン、ガラスルーフは透明と不透明を切替…グッドウッド2022
  6. 【DS 9 新型試乗】まるでポーパシング現象?な乗り心地も視点を変えれば…中村孝仁
  7. ポルシェ、新プロト耐久マシン「963」を公開…2023年ルマン&デイトナ参戦へ
  8. パナソニック ゴリラG1500の地図がバージョンアップして登場!安全・安心の日帰りドライブでリフレッシュPR
  9. 【ランボルギーニ クンタッチ 新型】ブランドのDNAと未来を織り込んで復活
  10. 【マツダ CX-60】CX-5との差別化、デザインに盛り込まれた「日本の美」が生み出すラグジュアリーとは
ランキングをもっと見る