ダイハツ、今期純利益8.4%減の320億円を予想

自動車 ビジネス 企業動向
ダイハツ、今期純利益8.4%減の320億円を予想
ダイハツ、今期純利益8.4%減の320億円を予想 全 1 枚 拡大写真
ダイハツ工業が24日発表した2009年3月期の連結業績予想によると、純利益は前期比8.4%減の320億円と、7期ぶりの減益見通しとなった。

国内軽自動車など販売は拡大するものの、為替変動や原材料費の高騰などが収益を圧迫する。ダイハツブランドの世界販売は78万3000台(前期比1.2%増)を計画、売上高は2.8%増の1兆7500億円の見込み。

営業利益は6.4%減の610億円を予想している。原材料費の上昇などに加え、減価償却制度の変更に伴う費用増が40億円発生、減益要因となる。

会見した箕浦輝幸社長は「円高や材料費の高騰など厳しい環境となるが、グローバル事業の拡大や原価低減で、減益は小幅にとどめたい」と語った。

08年3月期はダイハツ車の販売が2%の減少となったものの、車種構成の改善などにより、売上高は4.0%増の1兆7026億円、純利益は0.6%増の349億円と6期連続の増収増益だった。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型タフトで装備したACCは30km/h~125km/hの範囲内で設定できるようになった
  • ダイハツ タフト
  • 発売後1ヶ月で1万8000台もの受注を獲得した新型タフト。写真はGターボ2WD
  • ダイハツ・タント
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ