ルネサステクリロジ、中国の自動車メーカー向けサポート体制を拡充

自動車 ビジネス 企業動向
ルネサス テクノロジは、中国市場向け車載半導体事業拡大のため、中国自動車メーカー向けのサポート体制を拡充したと発表した。

中国でのルネサスの販売代理店である上海友菱電子有限公司が長春市に販売・技術サポート拠点を新設、従来からある自社の中国7拠点と合わせて、多数の製品が採用されている中国第一汽車集団公司など中国の自動車メーカーに顧客密着型の販売・技術サポートを提供する。

長春市には、中国三大自動車メーカーの一つである第一汽車の本社があり、自動車関連産業が集積している。第一汽車やグループ会社の啓明信息技術株式有限公司では、ルネサス製品の採用を増やしている。最近では32ビットマイコン「SH7058S」が第一汽車自主開発の自動変速機の制御システムに採用され、北京オリンピックで選手村と会場を結ぶ模範走行を行った第一汽車製ハイブリッド乗用車に搭載された。

ルネサスはマイコン、開発ツール、技術サポートを提供し、第一汽車の開発に協力した。車載情報の分野では、ルネサスは2007年6月から長春市政府によるITSインフラ構築計画に参画、カーナビゲーションシステム向けSoC「SH7770」などがITS端末に試用されている。

長春市での半導体需要に応えるため、友菱電子が新設した長春支店を、ルネサスは自社専門の販売代理店として活用する。

さらに、ルネサスは今年7月に中国大陸と香港の販売・技術サポート会社をそれぞれ、瑞薩電子(上海)有限公司と瑞薩香港有限公司の2社に再編した。これにより、中国大陸・香港で、販売・技術サポート拠点7拠点を持ち、友菱電子の長春支店と合わせ、第一汽車をはじめとする長春の自動車産業向けの事業を強化する。

今回のサポート体制拡充を通じて、ルネサスは中国自動車メーカーへの拡販を進め、中国市場における車載半導体シェアを現在の約5%から2010年度には10%に倍増させる計画だ。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Response.TV