【ボローニャモーターショー08】VW シロッコ に最強バージョン

自動車 ニューモデル モーターショー
【ボローニャモーターショー08】VW シロッコ に最強バージョン
【ボローニャモーターショー08】VW シロッコ に最強バージョン 全 7 枚 拡大写真
フォルクスワーゲンは3日、ボローニャモーターショーで『シロッコ』の「を公開した。最大出力270psの2.0リットル直4・TFSIを搭載。レースから得たノウハウを投入して完成したスポーツ仕様だ。

VWは2008年5月の「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に、シロッコのレース専用車「GT24」2台で参戦。その結果、初出場にしてクラス優勝、しかも1-2フィニッシュという快挙を成し遂げた。スタディRはそのGT24の公道仕様に位置づけられる。

心臓部にはアウディ『S3』と共通の2.0リットル直4・TFSIユニットを採用。排気抵抗の軽減により、最大出力はS3よりも5ps高められ、270psを発生する。ミッションは6速DSGだ。

足回りはダンパーとスプリングが固められたほか、ブレーキャリパーは4ピストンの強化タイプに変更。タイヤ&アルミホイールは19インチにサイズアップが図られた。

ボローニャということで、外観は白いボディカラーに左右のドアミラーが赤、グリーンと、イタリア国旗のトリコロールカラー仕立てがご愛嬌。しかし、見た目だけでなく機能性の向上を狙って開発したパーツを装着し、ノーマルに対して大幅に迫力を増している。

大型フロントバンパーは3個の大きなエアインテークが特徴。エンジンとブレーキの冷却性に配慮したデザインだ。同様にボンネットにも2か所、エアインテークが追加されている。ヘッドランプはLEDだ。

リアはルーフスポイラーとディフューザーを装着。高速走行時の揚力軽減に貢献する。マフラーは左右2本出しに変更。サイドスカートが追加されているのもわかる。

内装はレーシーな雰囲気満点だ。レカロ製バケットシートはナッパレザー仕上げで、ホワイトのパイピング入り。インパネやステアリングホイールにはカーボンが奢られた。ペダルもアルミ製に交換されている。

スタディRはあくまでコンセプトカーだが、この考え方はゴルフ「R32」の後継車として、2009年デビューが噂される「R20T」に受け継がれるはず。R20Tの内容を予測する意味でも、このスタディRは意義深いモデルだ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 前回(2012年)のボローニャモーターショー
  • 特別なイエローで仕上げられたメルセデスベンツSLK55AMGとドゥカティ848ストリートファイター
  • フェラーリ599XXエボリューションパッケージ
  • アバルト500をベースにしたレース専用車、アバルト695アセットコルセ
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2008/12/05/117442.html/article/2008/12/05/117453.html/article/2008/12/05/117449.html