【ホンダ アコード 新型発表】2極化したセダン市場のプレミアム側へ

自動車 ニューモデル 新型車
【ホンダ アコード 新型発表】2極化したセダン市場のプレミアム側へ
【ホンダ アコード 新型発表】2極化したセダン市場のプレミアム側へ 全 3 枚 拡大写真
4日に発表された8代目となる新型ホンダ『アコード』は、高額付加価値商品と実用経済性商品の2極化が進むセダン市場で、プレミアム側へ移行したモデルとなる。

セダン市場では、BMW『3シリーズ』など、7代目までより100万円以上も高価な輸入車セダンのユーザー支持が大きいことから、新型アコードはこういったプレミアムセダンの仲間入りを目指して開発がすすめられた。

同社日本営業本部の小林浩氏は、「ユーザーは輸入車だとBMW『3シリーズ』、日本車だと日産『スカイライン』などと比較すると思う。実際にアコードはライバルより小さい2.4リットルの大きさで、同じ良さを備えているクルマ。これらをライバルとして海外は欧州が10万台ぐらい、北米で40万台ぐらいは売りたい」と語っている。

《大野雅人》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV