【ジュネーブモーターショー09】リンスピード…世界初!! 形が変わるエコスポーツ

自動車 ニューモデル モーターショー
【ジュネーブモーターショー09】リンスピード…世界初!! 形が変わるエコスポーツ
【ジュネーブモーターショー09】リンスピード…世界初!! 形が変わるエコスポーツ 全 10 枚 拡大写真
スイスのチューナー、リンスピード社は16日、コンセプトカーの『iChange』(アイ・チェンジ)を発表した。環境に優しいEVスポーツカーで、世界初の乗車定員に合わせて変化するボディを採用している。

リンスピードは、フランク・M・リンダークネヒト氏が1977年に設立したエンジニアリング会社で、おもにドイツ車のチューニングを手がけている。毎年ジュネーブモーターショーに斬新なコンセプトカーを出品し、話題を集めることでも有名だ。

今回のジュネーブでは、アイ・チェンジを初公開。基本は1名乗車のスポーツカーだが、運転席のボタン操作によってガラス製キャノピーのリアエンドが上昇。運転席の後部に2名乗れるスペースが出現する。ボディはドアのない超未来的なフォルム。乗り降りはキャノピーを開閉して行うが、全高は1030mmしかないので、乗降はそれほど苦にならないようだ。

パワーユニットは最大出力204psを発生するモーターで、後輪を駆動。2次電池はリチウムイオンで、航続距離によって短距離用、長距離用と2種類のバッテリーを搭載する。コンポジットボディは車重1050kgという軽さ。スバル『インプッサWRX』ベースの6速トランスミッションと組み合わせられ、0-100km/h加速4秒、最高速度220km/hというパフォーマンスを達成している。

室内は中央に運転席、その後部に2つの後席が並ぶ3シーターレイアウト。内装の素材にはウールを使用し、優しい肌触りを実現する。ハーマンカードンがオーディオだけでなく、「インフォテインメント」システムも担当。超高速&省電力のインテルプロセッサーを内蔵し、車両情報の管理からエンターテインメントまでをカバーする。また、ソーラーパネルを装備し、走行中でも充電を行うと同時に、エアコン用の電力も供給する。

このアイ・チェンジは残念ながら市販予定はないとのこと。リンスピードは「世界規模で自動車そのものの概念が変わろうとしている。未来の自動車の姿を提案したのが、このアイ・チェンジ」と語っている。3月3日に開幕するジュネーブモーターショーでは、注目モデルの1台になることは間違いない。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ