【ジュネーブモーターショー09】ルーテシアにもホットなルノースポール

自動車 ニューモデル モーターショー
【ジュネーブモーターショー09】ルーテシアにもホットなルノースポール
【ジュネーブモーターショー09】ルーテシアにもホットなルノースポール 全 13 枚 拡大写真
ルノーは3日、ジュネーブモーターショーで『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)のスポーツバージョン、『ルノースポール200』を発表した。最大出力を200psに引き上げた2.0リットル直4エンジンと、鍛え上げられた足回りを持つホットハッチだ。

クリオにルノースポールが初設定されたのは2000年。以来、世界累計販売は7万台を超える人気車種となっている。今回はベース車のクリオがフェイスリフトを受けたのに伴う変更だが、その内容は単なる化粧直しだけにとどまらない。

車名が『ルノースポール197』から『ルノースポール200』に変わったように、「F4RRS型」2.0リットル直4は吸排気系やコンピュータープログラムの変更を実施して、最大出力が197psから200psに向上。21.9kgmの最大トルクは不変だが、発生回転数は150rpm下がり5400rpmとなった。環境性能も良好で、欧州複合モード燃費12.2km/リットル、CO2排出量195g/kmを実現している。

足回りはトレッドを前48mm、後ろ50mm拡大。ホイールベースは10mm伸びて2585mmとなった。リアのスタビライザー径は20mmから21mmへサイズアップ。新設計のダンパーを採用し、リアのスプリングレートは25%引き上げられた。アルミホイールは1本あたり1kg軽量化。また、6速MTは2速と3速のギア比を変更している。0-100km/h加速は従来どおり6.9秒だが、最高速は3kmプラスの227km/hに到達する。

シャシーには公道走行からサーキットまでをカバーする「スポーツ」とサーキットに特化した「カップ」の2種類を設定。カップは車高をスポーツ比で7mm下げて低重心化を図ったほか、ステアリングのギア比を7.5%クイック化。さらにトータルで36kgの軽量化を実施するなど、サーキットでの戦闘力を高めている。スポーツ、カップともにブレンボ製ブレーキと215/45ZR17サイズのコンチネンタル「スポーツコンタクト」を装着された。

外観はF1のノウハウを生かしたエアロダイナミクスを導入。バンパーの大型エアインテークはエンジン冷却性に配慮したデザイン。前後フェンダーは拡幅されており、フロントフェンダーにはエンジン放熱用のダクトが設けられる。リアにはツインエグゾーストとディフューザーを採用。このディフューザーやフロントバンパー中央、ドアミラーの色は、グロスブラックとアンスラサイトの2色から選択できる。

内装はレザーステアリング、アルミペダル、イエローのタコメーター、シフトアップインジケーターなどを装備。ダッシュボードパネル、シートサイド&シートベルトの色は、イエロー、シルバーグレー、アンスラサイトの3色から選べる。前席はスポーツシートで「ルノースポール」のロゴ入り。オプションで軽量なレカロ製バケットシートも用意された。

ルノースポール200は欧州で5月に発売。全長4017mmのコンパクトボディに刺激的なエンジン&足回り。ホットハッチの大本命といえそうなモデルだ。

《森脇稔》

【画像】【ジュネーブモーターショー09】ルーテシアにもホットなルノースポール(13枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  2. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  3. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  4. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  5. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  6. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  7. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  8. ホンダ シビック 新型、生産開始…米で初めてハッチバック組み立て
  9. ダイハツ タント 一部改良、ターボモデルに電動パーキングブレーキなど標準装備
  10. トヨタ タンドラ 新型、ランクル 譲りのV6ツインターボ搭載 …米国発表
ランキングをもっと見る