【日産 スカイライン クロスオーバー 発表】ジャストなサイズ感

自動車 ニューモデル 新型車
【日産 スカイライン クロスオーバー 発表】ジャストなサイズ感
【日産 スカイライン クロスオーバー 発表】ジャストなサイズ感 全 5 枚 拡大写真
既存車種をモデルチェンジする場合、現行モデルやコンペティターを考えながら次のモデルを決定していくのが通常である。しかし、日産『スカイラインクロスオーバー』は、新規投入車種のため、この手法は取り入れなかった。

まずは、このクルマに関わるデザイナーや実験部、商品企画などの担当者を交え、様々な車(それはSUVに限らず欧州のセダンやクーペなど)に試乗しながら、クルマのサイズや室内の広さ感、ヒップポイントなどが検討された。

そこで最も重要になったのが“ジャストなサイズ感”であったという。デザイン本部プロダクトデザイン部田中専治さんは「国内で走らせてみてもストレスがないような大きさ感やバランスがすごく重要だと感じました」と語る。

「通常このクルマのようなボディタイプですと、例えばセダンユーザーが空間的に余裕が欲しいなど、もう少し広い空間を要求するために出来てきた商品企画があります。しかし、スカイラインクロスオーバーはそういうところではなく、一番ジャストなサイズの中で、精神的に受けるゆとりや満足度を最大限感じられることが非常に重要と考えたのです」

《内田俊一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • インフィニティ QX50(ロサンゼルスモーターショー2017)
  • インフィニティQX50新型
  • インフィニティQX50コンセプト(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images
  • インフィニティ QX スポーツ インスピレーション2016(パリモーターショー16)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV