【日産 スカイライン クロスオーバー 発表】インテリアは日本人好み

自動車 ニューモデル 新型車
【日産 スカイライン クロスオーバー 発表】インテリアは日本人好み
【日産 スカイライン クロスオーバー 発表】インテリアは日本人好み 全 5 枚 拡大写真
日産『スカイラインクロスオーバー』のインテリアは和風的な、控え目だが艶やかさ、凛とした感じ、そして気品を表現しているという。

デザイン本部プロダクトデザイン部の田中専治さんは「例えばドアハンドル周りのアルミの表現にも中に丸くヘアラインが入っています。これによってみずみずしい感じを表現しています。またエッチングで揺らいだパターンを作ったりして、工業製品というよりは、工芸品のような雰囲気を出そうとしているのです」と述べた。

さらには「キッキングプレートには、竜安寺などの石庭でよく見られる砂紋のような表現をしています。また、トノカバーの後ろにグリップが付いていますが、それはメッキでデザインされたものになっています。カタログに写らないような細かいところにまで手を抜かずに仕上げました」と話した。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV