フォードのインド戦略車、フィーゴ 発売…70万円から

自動車 ニューモデル 新型車
フィーゴ
フィーゴ 全 9 枚 拡大写真
フォードモーターは9日、インド市場へ新型車フォード『フィーゴ』(FIGO)を投入した。現地価格は34万9900ルピー(約70万円)からと、競争力のある設定だ。

新型フィーゴは2009年9月、インドで初公開。欧州Bセグメントの人気車種、『フィエスタ』をベースに、専用内外装を採用したインド向けの戦略コンパクトだ。フィーゴとは、イタリア語で「クール」(カッコイイ)を意味する。

新型フィーゴは、フォードのデザイン言語、「キネティック」に従って設計。タイヤはできるだけボディ四隅に配置し、前後のオーバーハングを短縮したダイナミックで躍動感あるフォルムが特徴だ。クラス最大級の2489mmのホイールベースが、ワイドな室内空間を実現。トランク容量は、284リットル(VDA計測法)を確保している。

エンジンは1.2リットル直列4気筒ガソリン(71ps、10.4kgm)。トランスミッションは5速MTで、0 - 100km/h加速は15.5秒、燃費は15.6km/リットルだ。オプションで、1.4リットル直列4気筒ディーゼル「デュラトルク」(69ps、16.3kgm)を用意。トランスミッションは5速MTで、0-100km/h加速は15.8秒、燃費は20km/リットルとなる。

グレード構成は、下から「LXI」「EXI」「ZXI」「チタニウム」の4タイプ。LXIのガソリン車は、34万9900ルピー(約70万円)という競争力ある価格設定とした。

フィーゴの生産は、インド南部のチェンナイ工場が担当。フォードは同工場に5億ドル(約450億円)を投資して、生産能力を倍増させており、フィーゴを年間20万台生産する。また、フォードはチェンナイ工場を新興国向け小型車の主要生産拠点に位置づけており、新型フィーゴはインド国内だけでなく、アジア太平洋地域やアフリカへも輸出される。

販売面では、フィーゴの投入に合わせて、インド国内24都市で、ディーラー28店舗を一斉オープン。これにより、フォードのインド国内販売ネットワークは、97都市、164拠点へ拡大した。

フォードアジア・パシフィック&アフリカのジョー・ハインリッチ社長は、「Bセグメントのフィーゴを、サブBセグメントの価格で発売する」と宣言。インド最大手、マルチスズキの追撃体制を整えた。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV