[動画]横滑り防止装置「カイゼン」の成果…レクサス

自動車 ビジネス 企業動向
GX460 VSC対策済み車のテスト映像
GX460 VSC対策済み車のテスト映像 全 6 枚 拡大写真
VSC(ビークル・スタビリティ・コントロール)の不具合により、トヨタが欧米で自主リコールを決定したレクサス『GX460』。その対策後の映像が20日、動画共有サイトで公開された。

事の発端は、米消費者団体専門誌、『コンシューマーリポート』が12日、レクサスGX460を「横転の危険性あり」と指摘したことだった。

同誌のテストは、約97km/hでの高速コーナリング中、アクセルをオフにするというもの。その際、GX460はリアが大きく滑り、最悪の場合、横転の危険性があるという。コンシューマーリポートは、GX460に標準装備される横滑り防止装置、VSCの不具合の可能性に言及していた。

13日、米国トヨタ販売は同誌の指摘を受け、「社内で同様のテストを行い、安全性が確認されるまで、GX460の販売を一時的に停止する」と、異例の早さで対応。そして19日、トヨタは欧米での同車の自主リコールを決定した。

20日、レクサスのファンサイト、「lexusenthusiast.com」は、トヨタの社内テスト映像を動画共有サイトで公開。テストは『コンシューマーリポート』とほぼ同じ条件で行われ、VSCソフトウェアの対策前(90km/h&95km/h)と対策後(95km/h)の映像が比較できる。

VSC対策後の映像では、高速コーナリング中にアクセルをオフにしても、リアがスライドすることはなく、GX460は安定した挙動を披露。ソフトウェアの変更により、VSCの介入タイミングの適切化が図られたのが確認できる。

レクサスGX460の安全性がアピールされた映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス UX300e(海外仕様)
  • レクサス RX400h(2005年)と UX250h(欧州仕様)
  • レクサス J201 コンセプト( LX570 ベース)
  • ヤリスクロス とプラットフォームを共有するレクサス LBX の予想CG
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV