GM、シボレーブランドを韓国導入…2011年

自動車 ビジネス 海外マーケット
カマロ(背景は合成)
カマロ(背景は合成) 全 1 枚 拡大写真
GMの韓国現地法人、GMデーウは29日、シボレーブランドの韓国販売を2011年から開始すると発表した。

シボレーはGMの最量販ブランド。設立は1911年と古く、ブランドの名前は、伝説的レーシングドライバーのルイス・シボレー氏に由来する。現在、シボレーは世界130か国で販売中。2009年、全世界で約330万台をセールスし、GMの世界新車販売において44%を占めた。08年比では、21%増を達成している。

GMデーウは今回、シボレー車の韓国投入を宣言。2011年、『カマロ』などのシボレー車が、韓国に上陸する。GMデーウの調べによると、韓国国民の約半数がシボレーを認知しており、そのうち80%以上がシボレーのブランドマークを知っているという。

GMデーウのマイク・アルカモーネ社長兼CEOは、「シボレーの導入により、GMデーウの販売と市場シェアは拡大するだろう」と語る。

韓国では、地元のヒュンダイとキアが圧倒的に強い。GMデーウはシボレーブランドの導入で、ヒュンダイ&キア連合のシェア切り崩しを狙う。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 車内を除菌・抗菌して清潔な状態に保つ新アフターサービス「パーマセーフ」を開始
  • 【MotorTrend】92年式 シボレー C3500 デューリー 後編 伝説かもしれないが、この見た目はやっぱり勇気がいる...!?
  • シボレー・カマロ
  • シボレー コルベット スティングレー 
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ