【東京スペシャルインポートカーショー10】内外装を彩る最新貼り技メイク

自動車 ニューモデル モーターショー
アクティブガレージ。エクステリアは総カーボン柄。ヘッドライトはスワロフスキーで埋め尽くす
アクティブガレージ。エクステリアは総カーボン柄。ヘッドライトはスワロフスキーで埋め尽くす 全 8 枚 拡大写真
世界中の輸入車が集結するだけでなく、カスタムやドレスアップの最新トレンドを垣間見られるのも東京スペシャルインポートカーショーの醍醐味。ここでは様々な素材を用いた最先端の貼り技メイクを見てみよう!

まず、特殊なカーボン柄のカッティングシートでボディ全体を覆い尽くしたのが、アクティブガレージ製作のプジョー『206CC』。これはラッピングと呼ばれる手法で、オールペイント同等のイメチェンを実現しながら原状回復できる強みを持っているものだ。

そして、BOOMクラフトが手がけたダッジ『チャージャー』は、外光の反射具合によって変色するカッティングシートとスワロフスキー社のジルコニアで「薔薇と蛇」が絡み付く紋様を再現。ルーフにはパイソンレザーを貼り付け、往年のファントムトップ調に仕上げているのも要注目だ。

また、同じくBOOMクラフトのBMW『750Li』は、オーディオシステムを組み込んだトランクをペルシャ絨毯で総張り替え。SAF FORGED社の鍛造ホイールにはリム部分にカーボン柄を転写し、貼りとは異なるものの高級感あふれる個性をモノにしている。

《しおたによしふみ》

【画像】【東京スペシャルインポートカーショー10】内外装を彩る最新貼り技メイク(8枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  2. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  3. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  4. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  5. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
  6. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  7. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  8. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  9. 【ホンダF1】30年ぶりの戴冠をめざす終盤戦…技術首脳が語る、躍進の理由と意義
  10. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
ランキングをもっと見る