レクサス HS、米国で販売停止…燃料漏れの可能性

自動車 ビジネス 海外マーケット
HS250h
HS250h 全 3 枚 拡大写真
米国トヨタ販売は25日、レクサス『HS250h』について、追突された場合に燃料漏れを起こす可能性があるとして、米国での販売を停止した。

これは、NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)の指摘を受けたもの。NHTSAは、レクサスHS250hの後突テストを実施。このテストは80km/hでの追突を想定して、後方からバリアをぶつけるもので、その際、レクサスHS250hに燃料漏れが確認されたという。

米国トヨタ販売は、NHTSAの指摘を受け、レクサスHS250hの販売を停止。燃料漏れの原因を究明し、不具合が見つかれば、早期に自主リコール(回収・無償修理)を行う方針だ。対象となるのは、米国で販売された2010年モデル、約1万7000台である。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「リアシートがすごい」クルマ 7台を比較!センチュリーにロールス、あの軽自動車も!?
  • レクサス LS 改良新型
  • 『LEXUS OPEN FILM』(「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2020」)
  • レクサス RC300h バージョンL(ラディアントコントラストレイヤリング)
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV