BMW初の市販EV、イメージスケッチ公開

エコカー EV
メガシティビークルのイメージスケッチ
メガシティビークルのイメージスケッチ 全 1 枚 拡大写真
BMWは2日、2013年に市販予定の小型EV、『メガシティビークル』(仮称)のイメージスケッチを初公開した。

メガシティビークルは、BMW初の市販EV。全長約4mの小型ボディに4シーターレイアウトを採用し、都市部でのニーズに応えたEVを目指す。日産が年内に発売する『リーフ』が全長4445mmだから、ひと回りコンパクトなEVとなる。

同車の大きな特徴として挙げられるのが、軽量化のために、量販車としては世界初のカーボンファイバー製パッセンジャーセルを採用することだ。BMWはSGLグループと共同で、低コストのカーボン素材の開発を進めており、そのノウハウがメガシティビークルに応用される。

メガシティビークルのスペックは、現時点では公表されていない。関係者によると、最大出力150psを発生するモーターを床下に搭載し、後輪を駆動。2次電池は蓄電容量35kWhのリチウムイオンバッテリーで、最高速153km/h(リミッター作動)、最大航続距離160km程度の性能が与えられるもようだ。

BMWが公表したイメージスケッチからは、フロントにエンジンを置く現行BMW各車とは異なり、ショートノーズの斬新なシルエットが見て取れる。

メガシティビークルは2013年、BMWの下に位置する新ブランドから発売される見込み。そうなると、BMWは思い切った価格戦略を打ち出す可能性があり、EV普及への動きとして注目できる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型
  • BMW M4クーペ 次期型のプロトタイプ
  • BMWモトラッドの二輪車向けアクティブクルーズコントロール
  • BMW 1シリーズ 新型
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ