愛知製鋼の第1四半期決算…トヨタ向け好調で黒字転換、見通しも上方修正

自動車 ビジネス 企業動向
愛知製鋼が発表した2010年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、当期純利益が21億3600万円と黒字となった。前年同期は33億円の赤字だった。

売上高は前年同期比58.9%増の506億6200万円となった。トヨタ自動車の自動車生産台数の回復で、鋼材事業、鍛造品事業の販売が増加した。電磁品事業もマグファイン磁石や電子部品が好調だった。

収益では販売価格は下落したものの、販売数量の増加でカバーし、原材料価格の値下がり、原価低減の効果で営業利益は35億3100万円、経常利益が32億9700万円と黒字に転換した。

通期業績見通しは前回予想を上方修正した。売上高は前回予想よりも120億円増の2060億円、営業利益は40億円増の110億円、最終利益が18億円増の65億円となる見通し。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Response.TV