トヨタ タウンエース・ライトエースのスペアタイヤが脱落

自動車 ビジネス 国内マーケット
タウンエース(写真は2008年式)
タウンエース(写真は2008年式) 全 2 枚 拡大写真
ダイハツ工業は26日、トヨタブランドの『タウンエース』『ライトエース』計2車種のスペアタイヤキャリアに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2008年2月25日~2010年10月14日に製作された6175台。

スペアタイヤキャリアの後側取付金具の形状が不適切なため、取付部に亀裂が生じ、取付部が破損してスペアタイヤが脱落するおそれがある。

全車両、スペアタイヤキャリアおよびスペアタイヤキャリア後側取付金具を対策品と交換する。

不具合発生件数は4件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー5008
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • BMW 2シリーズ
  • 改善箇所
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ