マツダ米国販売、SUVが牽引…2月実績

自動車 ビジネス 海外マーケット
CX-7
CX-7 全 4 枚 拡大写真
北米マツダは1日、2月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は1万9387台。前年同月比は13.7%増と、2か月ぶりに前年実績を上回った。

乗用車系では、主力車種の『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)が、改良モデル発売を控えて、前年同月比1.7%減の8077台にとどまり、2か月連続のマイナス。一方、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)は、16.9%増の2838台と、4か月ぶりのプラスへ転じた。

また、モデル末期の『マツダ5』(日本名:『プレマシー』)は1711台にとどまり、前年同月比は13.4%減。10年7月末に投入された新型『マツダ2』(日本名:『デミオ』)は870台を販売し、コンパクトカー市場で存在感をアピールしている。

スポーツカーでは、『MX-5ミアタ』(日本名:『ロードスター』)が前年同月比25.7%増の382台と、5か月ぶりのプラス。しかし、『RX-8』は6.5%減の72台と減少が続く。

ライトトラック(ピックアップトラックやSUV)系では、北米専用大型SUVの『CX-9』が、前年同月比42.8%増の2876台と3か月連続で増加。『CX-7』も31.2%増の2357台と、3か月連続で前年実績を上回った。2台とも、2月としては過去最高セールスを記録する。

北米マツダのジム・オサリバン社長兼CEOは、「2月の結果には満足している。販売奨励金も業界平均よりは低いレベルだ」と語っている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  2. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  3. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  4. コロナ禍でタクシー移動の浮気増加…探偵がバイクで追跡
  5. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  6. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  7. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  8. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  9. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る