自転車がオフロードバイクの排気音…電源不要のギミック

自動車 ビジネス 国内マーケット
ターボスポーク(プロモーション動画キャプチャ)
ターボスポーク(プロモーション動画キャプチャ) 全 6 枚 拡大写真
センチュリーは、「白箱.com」で、自転車でオフロードバイクのような排気音が楽しめるユニークなアイテム『ターボスポーク』の予約販売を開始した。

新製品は自転車でオフロードバイクのような排気音を楽しめるマフラー型の自転車アクセサリー。自転車のフレーム部分に固定するクランプと、排気音を演出するエキゾーストパイプで構成し、クランプ部分に付属の“排気音カード”を装着して使用する。

排気音を演出するギミックとしては、カードと自転車のスポークを接触させることにより音を発生させ、その音をエキゾーストパイプで響かせて排気音を演出する。電源は不要で、タイヤの回転数に応じて排気音が出る。

発生する音の種類が異なる3枚の排気音カードを付属、排気音カードを入れ替えて、好みのエキゾーストノートを楽しめる。

価格は1980円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)
  • トライアンフ茅ヶ崎
  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ