愛知製鋼、タイ工場新設で起工式…アジアで鍛造品の供給体制を強化

自動車 ビジネス 企業動向
タイで生産するトヨタのIMV『イノーバ』
タイで生産するトヨタのIMV『イノーバ』 全 1 枚 拡大写真
愛知製鋼は、タイ子会社のアイチ・インターナショナル・タイランド(AIT)が新工場を建設する同国チョンブリ県ピントンの予定地で起工式を実施したと発表した。

AITは、トヨタ自動車が生産する「IMV」に搭載するエンジン、プロペラシャフトなどの鍛造部品をアジア地区にある愛知製鋼の鍛造子会社から受け入れ、一部機械加工した上で、製品を出荷している。現在、月間約100万個を出荷している。

今後、タイを中心としたアジア地域で、鍛造品需要の拡大が見込まれることから、AITを鍛造工程(粗形材)から一貫して生産できる工場にし、競争力を高めるとともに事業の拡大を目指す。

投資額は、第1期工事が約20億円。新工場は2012年6月から稼働する予定。今後、需要動向を見極めた上で能力増強を検討する。

現在のアマタナコン工場の機能は新工場へ移管する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
  • 愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)
  • ANAなど6社による空港制限区域内でレベル3自動運転の実証実験中の小型バス
  • 愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ