【フランクフルトモーターショー11】往年のポルシェとメルセデス、スクラップ部品で甦る

自動車 ニューモデル モーターショー
ポルシェ550スパイダーのレプリカ
ポルシェ550スパイダーのレプリカ 全 2 枚 拡大写真
13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11。会場の片隅で、にわかに注目を集めていたブースがあった。ドイツのGiganten Aus Stahl社のブースだ。

Giganten Aus Stahlとは、英語で、ジャイアント・オブ・スチール(鋼の巨人)を意味する。同社は廃車となった車の部品をアットランダムに組み合わせ、オブジェや往年の名車のレプリカなどを製作しているのだ。

今回のフランクフルトの会場には、ジェームズ・ディーンの愛車として有名なポルシェ『550スパイダー』や、メルセデスベンツの名車、『300SLR』のレプリカを展示。その車体にはクラッチ板などの部品が使われ、インテリアまでも再現されている。

なお、同社は希望者への販売も実施。550スパイダーの場合、3万9000ユーロ(約400万円)、300SLRの場合、6万9000ユーロ(約720万円)とのことだ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMWのフランクフルトモーターショー2019のブース
  • フランクフルトモーターショー2019
  • フランクフルトモーターショー2019
  • VW ID.3
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ