三菱益子社長、海外部品調達を加速したい

自動車 ビジネス 企業動向
三菱デリカD:3と益子社長
三菱デリカD:3と益子社長 全 3 枚 拡大写真
三菱自動車工業の益子修社長は6日の『デリカD:3』および『デリカバン』発表の記者会見で、円高対策のひとつとして「海外からの部品調達をより加速していきたい」と語った。

益子社長は「これまで何年もかけて経費削減などに取り組んできたが、コストを下げる余地がなくなってきている。種々の取り組みが1日で崩れるような徒労感すらある」と、現下の円高が経営に与える影響は極めて厳しい局面にあるとの認識を示した。

そのうえで、当面の対策として重視するのは外国製部品の調達拡大と指摘。同社は2011年度、日本での海外部品調達比率を昨年度の18%から21%に引き上げる目標を掲げている。益子社長はこの数値についても「できるだけ加速したい」と述べ、目標を上回るよう取り組んでいく方針を強調した。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマートフォンアプリの「三菱ロードアシスト+」
  • Cybellum社の自動車向けサイバーセキュリティのイメージ
  • 左から三菱自動車岡崎製作の斉藤稔所長、蒲郡市の鈴木寿明市長、西日本三菱自動車販売の五十嵐京矢社長
  • 三菱アウトランダースポーツ(RVRに相当)(北米仕様)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ