ハマー H3、ウィンカーのバルブ切れに気づかないかも

自動車 ビジネス 企業動向
改善箇所説明図
改善箇所説明図 全 2 枚 拡大写真
ゼネラルモーターズ・ジャパンは21日、ハマー『H3』の方向指示器に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2007年11月29日~2009年4月1日に輸入された703台。

方向指示器の回路設計が不適切なため、バルブ切れ検知機能が適切に機能せず、運転席の作動状態表示装置の点滅回数が変化しない。

全車両、回路を修正し、追加モジュールを取り付ける。不具合発生はなく、本国メーカーからの情報でわかった。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • いすゞ ギガ(参考画像)
  • ドゥカティ・パニガーレV4
  • フォルクスワーゲン ゴルフ(2015年)
  • 改善箇所
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2011/10/21/164182.html/article/2011/10/21/164189.html/article/2011/10/21/164183.html