ホンダ伊東社長、EVスポーツ市販の可能性を示唆…ビート再来か

モータースポーツ/エンタメ 出版物
ホンダEV-STER(東京モーターショー11)
ホンダEV-STER(東京モーターショー11) 全 3 枚 拡大写真
ホンダが、東京モーターショー11でワールドプレミアした小型EVスポーツコンセプトカー、『EV-STER』。『ビート』の再来か、と注目を集めた同車が市販される可能性が出てきた。

これは14日、ドイツの自動車メディア、『auto motor und sport』が報じたもの。同メディアのインタビューに応じたホンダの伊東孝紳社長は、EV‐STERのような小型オープンスポーツカーの市販の可能性を示唆したという。

EV‐STERは、軽自動車枠を若干超える小型ボディのほぼ中央にモーターを搭載。そして、後輪を駆動するEVスポーツカーだ。二次電池は蓄電容量10kWhのリチウムイオンバッテリーで、最高速は160km/h、1回の充電での最大航続距離は約160km。充電時間は、200Vソケットなら3時間以下で済む。

このEV-STERが市販されるとすれば、非常に興味深いニュース。伊東社長は同メディアに対して、「市販するならEVバージョンだけでなく、ガソリン仕様も用意するつもりだ」と明かしたとのこと。

果たしてEV‐STERは、1990年代に一世を風靡したミッドシップの軽自動車スポーツ、ビートの再来として現実になるのか。同メディアは、「早ければ2012年内に市販される可能性がある」とレポートしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダアクセス KACHATTO-WAGON(東京オートサロン2020)
  • ホンダアクセス N-WGN ROAD SIDE concept(東京オートサロン2020)
  • ホンダN-ONEカフェレーサーコンセプト(東京オートサロン2020)
  • ホンダ・シビック・サイバーナイト・ジャパン・クルーザー2020(東京オートサロン2020)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ