スバル ステラカスタム、ターボモデル改良

自動車 ニューモデル 新型車
スバル・ステラ カスタムRS
スバル・ステラ カスタムRS 全 6 枚 拡大写真
富士重工業は、軽乗用車スバル『ステラカスタム』および『ルクラカスタム』のターボエンジン搭載モデルに改良を施し、21日より発売を開始した。

今回の改良では、ターボエンジンを搭載するステラカスタム「RS」とルクラカスタム「RS」に、燃費性能に優れたパワーユニットとアイドリングストップシステムを採用することで、両車ともクラストップレベルの低燃費を実現した。

また、今回の改良により、ステラおよびルクラシリーズのNA車を含む全車が、アイドリングストップシステム搭載車となるほか、エコカー減税とエコカー補助金の対象となる。

ステラおよびルクラは、ダイハツ工業からのOEM供給モデル。

価格はステラカスタムが149万円、ルクラカスタムが155万5000円など。いずれもRSグレード、2WDモデル。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ タント(2017年)
  • ダイハツ・ムーヴ(2017年)
  • エクステリア ステラカスタム R スマートアシスト
  • ダイハツ ムーヴ(2014年)
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2012/05/22/174770.html/article/2012/05/22/174769.html/article/2012/05/22/174807.html