BMW 7シリーズ、M7設定か…米法人社長が開発要請

モータースポーツ/エンタメ 出版物
大幅改良を受けたBMW 7シリーズ
大幅改良を受けたBMW 7シリーズ 全 4 枚 拡大写真
BMWのフラッグシップサルーン、『7シリーズ』。同車に高性能モデル、『M7』が設定される可能性が出てきた。

これは5月24日、米国の『The DETROIT Bureau』が報じたもの。同メディアのインタビューに応じたBMWの米国法人、BMWノースアメリカのLudwig Willisch社長兼CEOは、「BMWドイツ本社にM7を開発するよう要請した」と明かしたというのだ。

現行Mの基本ラインナップは、『M3』、『M5』、『M6』、『X5M』、『X6M』。Ludwig Willisch社長兼CEOは、米国では7シリーズの高性能モデルに需要があるとして、BMW本社に開発要請を行ったという。

もちろん米国だけでなく、世界最大の新車市場となった中国でも、M7のニーズはあると推測できる。Ludwig Willisch社長兼CEOは、「米国市場に近い将来、M7が投入されると信じている」と、同メディアにコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ。手前がPHEV、奥がEVの「i7」(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • BMW i7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i7 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV