三菱、eKワゴンなど軽自動車6種を一部改良

自動車 ニューモデル 新型車
三菱 eKワゴン「GS」
三菱 eKワゴン「GS」 全 4 枚 拡大写真
三菱自動車は、軽乗用車『eKワゴン』『eKスポーツ』『トッポ』『i』および軽商用車『ミニキャブ バン』『ミニキャブ トラック』を一部改良し、7月6日から発売を開始した。

eKワゴン、eKスポーツ、トッポ、iでは、全グレードで安全に関する法規制強化に対応し、ヘッドレストを大型化するとともに、ISO-FIXチャイルドシートアンカーを標準装備した。

トッポでは、グレード構成を見直し、「ROADEST」4WD車を廃止。iでは、ドアミラーを大型化し視認性を向上した。

安全に関する法規制強化に伴い、ミニキャブ バンでは、全グレードでドアラッチとヒンジの強度認証に対応。ミニキャブ トラックでは、運転席エアバッグとシートベルトプリテンショナーを従来のメーカーオプションから標準装備とし、価格を改定した。

価格は、eKワゴンが98万2000円から124万5000円。eKスポーツが127万6000円から150万7000円。トッポが105万6000円から145万5000円。iが122万4000円から160万2000円。ミニキャブ バンが897から144万2000円。ミニキャブ トラックが641から113万7000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 取付後イメージ(写真は日産 デイズ)
  • 三菱 eKワゴン
  • 三菱 eKワゴン
  • 三菱 eKクロス スペース
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ