【ホンダ N BOX+ 発表】ターゲットユーザーはベース車両とどう違う?

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ・N BOX+
ホンダ・N BOX+ 全 6 枚 拡大写真
ホンダから新たに発売された、軽“Nシリーズ”の第2弾、『N BOX+』は、『N BOX』の派生車種として開発された。

本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン開発室1スタジオ研究員の山口真生さんは、「エクステリアは、リアバンパー下以外は全く変えていません」と話す。それは、「あくまでもN BOXシリーズというのが大前提でした」といい、「外装を変えてしまうと、コストもかかり、ユーザーの負担が増えて、安くやろうという当初の考えからずれてしまいます」と、当初からデザイン変更は考えていなかったことを語る。

では、どのように差異を捉えているのか。山口さんは、「N BOXはどちらかというと乗用リムジン。N BOX+は日常使い倒しグルマみたいな感じですね」と笑う。「アウトドアもウリにはしたいのですが、結局日常で使える、何に対してもベストバランスを取ったというのがウリになってきます」。具体的には、「フィット並みの居住性と、ベッドなどの楽しみがあって、更に車いすを乗せることが出来るということです」。

本田技研工業常務執行役員日本営業本部長の峯川尚氏は、「N BOXは室内の広さはあるものの、様々な使い勝手というところでは、もうひとつ使いにくいところもあります。従って、様々なシーンで使いやすい、そういうニーズを求めるユーザーにN BOX+は応えられるのではないかと思います」と述べる。

また、N BOX+の開発責任者である、本田技術研究所主任研究員の浅木泰昭氏は、N BOXのターゲットユーザーについて、「子育て真っ最中、子供を育てるにはベストなクルマを作ったつもりです。子供が小さいほど、大きく広い室内を必要として喜こばれます」と説明。対して、N BOX+は、「(子供が)大人になってくると行儀もよくなって来ますので、普通の広さで十分となり、違うニーズが出てきます。介護や、年金生活になった時に、車中泊が出来ると旅館の費用もかからずに、日本中遊びに行くことが出来ますね。このように、ターゲットユーザーの年代が変わると思って作りました」とした。

《内田俊一》

【画像】【ホンダ N BOX+ 発表】ターゲットユーザーはベース車両とどう違う?(6枚)
ホンダ N-BOXの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  5. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  6. トヨタの苦悩、系列販売店で不正車検相次ぎ発覚[新聞ウォッチ]
  7. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  8. 日産の新型商用車『タウンスター』、EV版の航続は285km…欧州発表
  9. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  10. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
ランキングをもっと見る