マツダ トリビュート、米国でリコール約22万台

自動車 テクノロジー 安全
マツダ・トリビュート
マツダ・トリビュート 全 2 枚 拡大写真
マツダとフォードモーターが共同開発し、日本国内でも販売されたSUV、マツダ『トリビュート』。北米マツダが、同車のリコール(回収・無償修理)を届け出た。

これは7月26日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。2001‐2006年モデルと2008年モデルのトリビュートについて、マツダからリコールの届け出があったとアナウンスされている。

NHTSAによると、トリビュートの3.0リットルV6ガソリンエンジン搭載車には、スピードコントロールケーブルに不具合があり、アクセルペダルから足を離しても、スロットル戻らず、ドライバーの意図しない加速が起こる可能性があるという。

リコール対象台数は、米国で販売された21万7500台。なおトリビュートの兄弟車、フォード『エスケープ』に関しても、フォードモーターは7月26日、同様のリコールを発表している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ トリビュート(2代目)
  • マツダ トリビュート(2代目)
  • マツダ・トリビュート
  • マツダ・トリビュート
  • 直6・SKYACTIV-Xを搭載するマツダの新型フラッグシップクーペ(予想CG)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2012/07/30/178775.html/article/2012/07/30/178774.html/article/2012/07/30/178776.html