GMの中国低価格ブランド、宝駿…第二弾はマティス

自動車 ニューモデル 新型車
宝駿Lechi
宝駿Lechi 全 2 枚 拡大写真
GMの中国合弁、SAIC-GM(上海通用五菱汽車)が中国市場専用に立ち上げた低価格ブランド、「宝駿」。その第二弾モデルが、現地で発表された。

これは8月15日、GMチャイナが明らかにしたもの。『Lechi』と呼ばれる宝駿ブランドのコンパクトカーが、同日から中国での受注をスタートさせている。

Lechiは2010年11月に発表された『630』に続いて、宝駿ブランドの第二弾商品としてラインナップ。630は中小型クラスの4ドアセダンだったが、Lechiは小型の5ドアハッチバックだ。

しかし、Lechiは新規開発車ではなく、GMの韓国部門、旧GMデーウ(大宇)が開発した『マティス』ほぼそのもの。変更点は、前後バンパーなどを専用デザインに改めた程度だ。中国では宝駿だけでなく、シボレーブランドからも発売されることがアナウンスされている。

Lechiに関してGMは、「19.6km/リットルの低燃費やGMの世界基準のアフターセールスが備わる」とアピールしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GM世界販売、8.3%減の381万台 2019年上半期
  • 米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
  • キャデラック CTS 2019年モデル
  • BASFが14回目となるGMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2012/08/20/179889.html/article/2012/08/20/179888.html/article/2012/08/20/179890.html