マイバッハ、10年の歴史に幕…米国

自動車 ビジネス 企業動向
現行マイバッハ
現行マイバッハ 全 3 枚 拡大写真
メルセデスベンツの超高級車ブランド、マイバッハ。ブランド廃止が囁かれる中、米国では2012年モデルをもって、導入が中止されることが分かった。

これは、メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAが公表した2013年モデルの価格表から判明したもの。マイバッハの2013年モデルの価格欄には、「Discontinued」(中止)と記され、2012年モデルを最後に、米国ではマイバッハの導入が中止されることが明らかにされている。

米国仕様のマイバッハは、標準ボディの「57」とそのスポーツ仕様の「57S」、ロングボディの「62」と「62S」、そしてオープン仕様の「ランドレー」の5グレードで構成。2002年に復活を果たしたマイバッハだが、米国では10年でその歴史に幕を下ろすことになった。

マイバッハに関しては、ダイムラーが次期モデルをアストンマーチンと共同開発する方向で協議を進め、開発コストを抑制する狙いだったが、この協議が破談。ブランド廃止や、メルセデスベンツ次期『Sクラス』の最上級グレードとして生き残るなど、諸説が報じられている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツS560
  • メルセデス・マイバッハ Sクラス グランドエディション
  • メルセデス マイバッハ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV