ホンダ伊東社長「ビート後継車は絶対出す」

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ・ビート
ホンダ・ビート 全 6 枚 拡大写真
10月22日、サンパウロモーターショー12のプレスカンファレンスに出席したホンダの伊東孝紳社長は、軽オープンスポーツ『ビート』の後継車について「多くの販売が見込める車ではないことは理解しているが、(ビートの後継車は)絶対に出す」と明言した。

ビートは1991年の発売以来、軽自動車としては珍しいMRオープンスポーツカーとして人気を博していたが、軽自動車規格の変更などに伴い1996年に生産を終了していた。しかし、2011年にはビート誕生20周年を記念した純正用品がホンダアクセスより発売されるなど、根強い人気を誇っている。

伊東社長は9月24日に行われた会見で「アグレッシブな走りを実現する軽自動車のオープンスポーツカーを、2014年に発売する」と述べていたが、今回の発言はその強い意志を表すものとなった。

《瓜生洋明》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 軽のABC+C
  • ホンダ ペーパークラフト 「溝呂木ペーパークラフト店、ステップワゴンでお買い物」
  • ホンダ BEAT あの頃の「全力で楽しい」走りを未来へ繋げたい…BEATparts
  • ホンダ・ビート(1991年)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ