【IIHS衝突安全】スズキ キザシ、最高評価を獲得[動画]

自動車 テクノロジー 安全
米IIHSが実施したスズキ キザシの衝突テスト
米IIHSが実施したスズキ キザシの衝突テスト 全 1 枚 拡大写真
米国IIHS(道路安全保険協会)は12月19日、スズキの中型セダン、『キザシ』の衝突安全テストの映像を、ネット上で公開した。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで行う。そして、ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価する。

またIIHSは今回から、前面オフセット衝突テストに「新スモール・オフセット」と呼ばれる新方式も導入。フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつける。これは、実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだ。

IIHSが公開した映像は、キザシの新スモール・オフセットテストの様子。同テストでキザシは、ダミー人形の頭/首/胸/足/と、全ての部位への傷害レベルが最小限。ボディの安全構造に関しても、GOOD(優)評価を得た。

さらに、従来方式の前面衝突でも、キザシはGOOD(優)評価。側面衝突と、追突時のむち打ち確認テストも GOOD(優)評価だ。しかし、ルーフ強度テストは、4段階評価で上から2番目のACCEPTABLE(良)の判定。

この結果、キザシは総合評価が最高のGOOD(優)となり、IIHSから最高レベルの衝突安全性を意味する「2013トップセーフティピック+」に認定されている。


《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. トヨタ純正ディスプレイオーディオの交換って、可能?[サウンドユニット セッティング法]
  4. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  5. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  6. マツダ CX-5 改良モデルを、発表前にチェックできる特別内見会 全国3か所で
  7. コロナ禍で「納期の遅れ」顕著に…新車の乗り換え時に注意すべきことは?
  8. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  9. パナソニック、カーナビステーション『ストラーダ』を一新…より高精細に、より高性能に
  10. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
ランキングをもっと見る