東急、目黒線・田園都市線・大井町線などでダイヤ改正…3月16日から

鉄道 企業動向
東急東横線渋谷駅
東急東横線渋谷駅 全 3 枚 拡大写真
東京急行電鉄は、3月16日から東急線各線でダイヤ改正を実施すると発表した。

東横線は東京メトロ副都心線との相互直通運転開始に伴って、大幅にダイヤを改正する。目黒線、田園都市線、大井町線、東急多摩川線、こどもの国線でも速達性や接続見直す。

目黒線は日中時間帯を中心に、東横線との接続を見直す。東横線との複々線区間(日吉~田園調布間)では、東横線と目黒線が交互に発着するように設定することで乗車機会を増やし、待ち時間を減らす。

また、同区間の東横線特急・通勤特急・急行の停車駅では、目黒線の各駅停車から東横線の特急・通勤特急・急行への乗換待ち時間を短くすることで、目黒線沿線から渋谷・横浜方面への速達性の向上を図る。

田園都市線は、平日夕夜間の下り急行の所要時分を約1分短縮する。夜間下り急行の運転区間を延長、渋谷23時58分発の急行長津田行きを中央林間行きに変更する。

平日・土休日共通で朝ラッシュ時間帯・夕夜間を中心に、各駅の停車時分を見直す。これに伴って列車の発着時刻を変更する。

大井町線は東横線・目黒線のダイヤ改正に伴って自由が丘・大岡山での接続を考慮して列車の発着時刻を変更する。

東急多摩川線は、東横線のダイヤ改正に伴って多摩川での接続を考慮、早朝・夜間を中心に列車の発着時刻を変更する。

こどもの国線は土休日の早朝に、上り下りとも各1本を増発し、初電時刻を30分繰り上げる。現行は長津田発6時20分を5時50分発に、こどもの国発6時30分を6時00分発にする。平日・土休日共通で田園都市線のダイヤ改正に伴って長津田での田園都市線との接続を考慮して一部列車の発着時刻を変更する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV