米BMWマニュファクチャリング、工場施設内における水素燃料電池の利用を拡大

自動車 ビジネス 企業動向
米国BMWマニュファクチャリング社
米国BMWマニュファクチャリング社 全 4 枚 拡大写真
米国BMWマニュファクチャリング社は、水素燃料電池を動力源とする材料輸送機の増設が順調に進んでいると発表した。

2010年にBMWは、約100台の燃料電池材料輸送機の電源供給用に、工場のエネルギー・センター近くに水素の貯蔵・配給エリアを配備。その後、BMWマニュファクチャリング社の水素燃料電池輸送機の保有数は2倍以上の約230台となり、工場の生産およびロジスティクス機能の全般にわたるサービスを行っている。

同社は、高性能の新型コンプレッサー2台、貯蔵チューブ、配管、新しい水素ディスペンサー8台を導入。拡張されたシステムによる水素供給量は、1日あたり400kg以上になり、BMWでは、年間で410万キロワット時分の電力消費を抑えられると見積もっている。

またBMWは、埋立地ガスを水素に変換するためのパイロット・プロジェクトの更新を発表。2011年7月に第1段階に入ったこの研究では、経済的および技術的に実現可能かを検証した。プロジェクトは現在、順調に第2段階のメタンから水素への変換に進んでいるという。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ