カーエアコン用消臭抗菌剤 わさびd'airが累計出荷数50万個を達成…ヴァレオジャパン

自動車 ビジネス 国内マーケット
わさびd'air
わさびd'air 全 1 枚 拡大写真
ヴァレオジャパンは、2006年7月に発売したカーエアコン用消臭抗菌剤「わさびd'air(デェール)」が、今年3月5日出荷分をもって累計出荷数50万個を達成したと発表した。

「わさびd'air」は、わさびの抗菌成分により、エアコンの空気を清浄化し、不快臭の発生を抑え、車室内の快適を快適に保つカーエアコン用消臭抗菌剤。合成したわさびの抗菌成分をエアコン内に拡散させ、発生した微生物の働きを抑えることで、臭いの元となるバクテリアを100分の1にすることができる(同社調査)。

2006年7月の発売以来、前年比30%から40%のペースで販売数量が伸びており、2011年に年間売上10万個を突破、2012年には年間16万個以上を販売した。

ヴァレオジャパン代表取締役社長の齋藤隆次は、「自然の力を生かして消臭・抗菌を行い、車内空間を快適に保つ『わさびd'air』がこうして多くの方々に愛され、累計販売数50万個を超えたことを心より嬉しく思います」と語った。

《村尾純司@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ