【SUPER GT 第2戦】中嶋一貴&ロシターがGT500初優勝…レクサスがトップ4独占

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
GT500優勝の中嶋一貴(右)とジェームス・ロシター。
GT500優勝の中嶋一貴(右)とジェームス・ロシター。 全 12 枚 拡大写真

SUPER GTシリーズ第2戦「FUJI GT 500km RACE」の決勝(110周)が29日に実施され、レクサスSC430勢がGT500クラスの1~4位を独占、中嶋一貴とジェームス・ロシターのコンビが初優勝を飾った。

決勝日も好天に恵まれた富士スピードウェイには2日間総計80,100人の観衆が詰めかけた。その眼前で繰り広げられたのは、予選から戦いを優位に進めていたレクサスSC430勢の圧勝劇。レクサスSC430は6台がGT500クラスに参戦しているが、そのうちのブリヂストン(BS)タイヤを履く5台がレース中、一時は1-2-3-4-5を占めたほどで、今回は“SC+BS”のパッケージングの戦闘力が抜きん出ていた。マシントラブルによって予選最下位(15位)となった#37 KeePer TOM’S SC430の伊藤大輔&A.カルダレッリが早い段階で上位につけ、5位争いを展開して最終的に6位だったことがそれを象徴してもいる。

圧勝、しかし上位4台の“SC+BS”同士による争いは熾烈なものだった。そのなかで勝ったのが一貴&ロシターの#36 PETRONAS TOM’S SC430。「チームが最高のマシンに仕上げてくれていたし、BSのタイヤもすごく良かった」(一貴)。そして、長い500km戦において、微妙に変化していく気象条件や路面状態を読みながらの「タイヤチョイスも最後まで間違わなかった」(一貴)。だから、一貴とロシターはレース後、異口同音に「完璧な週末」「パーフェクト・ウイークエンド」と語ったのである。独走でこそなかったが、ポール・トゥ・ウインで両者ともにGT500初優勝を飾った。

「レクサスSC430がとてもストロングだった。グレートなレースになったね」とロシターが言う通りの1-2-3-4フィニッシュ。2位には#38 ZENT CERUMO SC430の立川祐路&平手晃平、3位には#6 ENEOS SUSTINA SC430の大嶋和也&国本雄資が続き、4位は#39 DENSO KOBELCO SC430の脇阪寿一&石浦宏明だった。

ニッサン最上位は5位の#12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生&J-P.デ・オリベイラ)。ホンダ勢では開幕戦勝者#100 RAYBRIG HSV-010(伊沢拓也&小暮卓史)の7位が最高位だった。タイヤ的には8位までをBS装着車が独占。

GT300でも#31 Panasonic apr PRIUS GTの新田守男&嵯峨宏紀(タイヤはヨコハマ)が大逆転優勝を飾っており、この日の富士はレクサス/トヨタ陣営にとって最高のホームコースイベントとなった。GT500で1-2-3-4、GT300でも優勝というのは、2010年のゴールデンウイーク富士戦と同じ結果である。

第3戦はマレーシアのセパンが舞台。灼熱の一戦は6月15~16日に開催される。

《遠藤俊幸》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  3. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  4. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
  8. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  9. スバリスト向けアプリ「SUBAROAD」登場…スバル車に最適なドライブコースを提案
  10. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
ランキングをもっと見る