アルパイン、車種専用ステアリング連動バックビューカメラなどを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
アルパイン・車種専用ステアリング連動バックビューカメラ
アルパイン・車種専用ステアリング連動バックビューカメラ 全 2 枚 拡大写真
アルパインは、「車種専用ステアリング連動バックビューカメラ」や「車種専用DSRC車載器」、「車種専用ETC車載器」など、カーナビ関連新製品を発表、6月上旬より順次発売する。

車種専用ステアリング連動バックビューカメラは、クルマのステアリング操作に応じてガイド線が予測方向を表示することで、バックで駐車を行う際の進行状況をわかりやすく把握することができる。

DSRCは、ドライブ中の事故注意の喚起や渋滞ポイントの事前告知、気候の急変化などの情報がリアルタイムに提供されるだけでなく、高速道路のサービスエリアなどから提供されるエリア情報を閲覧することもできる道路交通情報サービス。車載器はETC機能も装備しており、1台で最新の道路交通情報システムをクルマに搭載することができる。今回の新製品は車種専用のパーフェクトフィットを使用することで、純正品のように車室内でも目立たずにスマートな取付けが可能。また、同時に車種専用ビルトイン取付け対応のETC車載器も発売する。

価格は車種専用ステアリング連動バックビューカメラが2万9925円、車種専用ビルトイン取付け対応DSRC車載器が4万7250円など。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ