鉄道・運輸機構、北海道新幹線奥津軽駅の工事に本格着手…6月4日に安全祈願祭

鉄道 エンタメ・イベント
北海道新幹線奥津軽駅(仮称)の完成イメージ。現在の津軽今別駅を取り込む形で建設される。
北海道新幹線奥津軽駅(仮称)の完成イメージ。現在の津軽今別駅を取り込む形で建設される。 全 3 枚 拡大写真
鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は5月22日、北海道新幹線奥津軽駅(仮称、青森県今別町)の安全祈願を6月4日に執り行うと発表した。3月に発注された同駅の工事が本格化する。

奥津軽駅は、北海道新幹線新青森~新函館間(2015年度完成予定)の本州側に設けられる中間駅。北海道新幹線は青函トンネルとその前後の区間で既に開業している在来線(海峡線)と線路を共用するが、奥津軽駅は線路共用区間内にある海峡線津軽今別駅を取り込む形で建設される。

プラットホームは長さ263mで相対式2面3線の構造を採用。駅舎は橋上駅で、シンボリックなアーチを冠した駅入口と奥に延びる連絡通路、背後の駅舎を結び付けて「青函トンネルとその先に広がる津軽海峡、更に北海道の北の大地のイメージ」をデザインするという。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2011年10月から「ATACS」が導入されている仙石線。
  • 9月21日に全線が再開する小湊鐵道。
  • 京成スカイライナー
  • 阿佐海岸鉄道DMV3両の車体デザイン。10月5日にはこれらが揃う姿が披露される。
  • 大阪環状線と桜島線の全列車を受け持つ最新鋭の323系。6月8日までに両線の全列車を置き換えた。
  • ひたちなか海浜鉄道のキハ11形。
  • 2011年から駅改良工事や品川~田町間新駅(高輪ゲートウェイ駅)設置に向けた工事が進められている品川駅。写真は2013年の様子。
  • 月崎駅に入る小湊鐵道の下り列車。同駅から上総大久保駅にかけては、送電線や通信線が断線しているという。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2013/05/25/198695.html/article/2013/05/25/198694.html/article/2013/05/25/198696.html