JR東日本、EDC方式の豪華列車「クルーズトレイン」導入へ…2016年春以降の運行開始目指す

鉄道 企業動向
クルーズトレインのイメージ。JR東日本は「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車をコラージュイメージしたもので、実際の車両とは異な」るとしている。
クルーズトレインのイメージ。JR東日本は「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車をコラージュイメージしたもので、実際の車両とは異な」るとしている。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本は6月4日、東日本エリアを中心に運行する豪華列車(クルーズトレイン)を新たに製作すると発表した。2016年春以降の運行開始を目指す。

クルーズトレインの車両は、鉄道路線の電化、非電化を問わず走行できる「EDC方式」を採用する。電化区間では架線から供給される電力によって走り、非電化区間では車両に装備した大出力エンジン発電機を稼働させ、発電機によって得られた電気で自力走行する。EDC方式の採用は国内では初めてという。

また、同社が優等列車向けに開発、採用したフルアクティブ動揺防止制御などを「さらに磨きあげたもの」を採用し、乗り心地や静粛性の向上を図る。

車両のデザインは「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車」をコンセプトとし、フェラーリ社のエンツォフェラーリやJR東日本のE6系などを手がけた工業デザイナーの奥山清行氏が担当する。

編成は最大10両で、1両あたり2~3室の客室を設置。2クラスのスイートルームを提供する。このほか、パブリックスペースとしてダイニングやラウンジも用意する。

JR東日本は2012年10月に策定した中期経営構想「グループ経営構想V(ファイブ)~限りなき前進~」で「観光立国の推進」を掲げ、その一環として「新たなフラッグシップとなる豪華列車」の導入を盛り込んでいた。同社は「この列車の旅でしか味わえない特別感のある非日常的な感動体験を提供」したいとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。

ピックアップ