東京モノレール、1000形1編成を導入当時の塗装に復元

鉄道 エンタメ・イベント
デビュー当時の1000形。白と赤を基調にしたデザインだった。
デビュー当時の1000形。白と赤を基調にしたデザインだった。 全 4 枚 拡大写真
東京モノレールは、1000形1編成を導入当時の旧塗装に戻した「ヒストリートレイン」の運行を6月12日から開始した。これに伴い6月22日から記念切符を発売する。

1000形は1989年に導入された。1000形以前の車両は2両編成で、最大3本連結した6両編成で運用されていたが、各編成の両端に運転台があることから連結部分の運転台がデッドスペースと化していた。1000形では6両固定編成を採用して中間の運転台がなくなり、これにより客室が拡大して輸送力の強化につながった。

導入当時は白と赤をベースにした塗装だったが、2000年から青と白、オレンジの塗装に変更されている。2014年に開業50周年を迎えることから、同社は50周年記念イベントの第1弾として1000形の旧塗装を復活させることにした。

記念切符は「旧塗装復活 思い出の1000形 ヒストリートレイン 記念乗車券」の名称で発売される。硬券4枚に台紙が付く。1セット1000円。羽田空港第2ビル駅の北口で22日の9時から発売する。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。

ピックアップ