【三菱 eK 新型発売】日産とのボリューム効果で上質感向上

自動車 ニューモデル 新型車
三菱・eKカスタム
三菱・eKカスタム 全 6 枚 拡大写真
三菱『eK』と日産『デイズ』のコンセプトのひとつに上質感があり、三菱と日産の協業により上質感を実現できたことがいくつもあるという。

三菱自動車エンジニアリング開発技術部車両計画グループエキスパートの長井節生さんは一例としてリアシートを挙げる。「使っているシート生地は、サイドの生地と、体の触れ合うところでは生地の単価が違っています。今回はボリューム効果で、高い生地を安く買えることから、高い生地を使って前側にまわり込ませました」と話す。これにより、「例えば女性のストッキングが触れた時にも、安い生地だと違和感を覚えたかもしれませんが、良い生地をまわし込んでいますので、違和感はないと思います」と述べる。

「一番の目的は、上質感ですが、実際にも座りやすく出来ました。これはボリューム効果でコストを安く調達できたことの成果です」と長井さん。

さらに、「リアシートの前を長くしスラントさせました。通常であれば逆スラントで下に落とすのですが、軽としての質感がチープになるので、オットマン風の形状にしています」とリアシート全体でも上質感に貢献していることを語った。

《内田俊一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ペダル踏み間違い時加速抑制アシスト
  • 三菱 eKクロス
  • いま注目の「軽SUV」たち。左からハスラー、タフト、eKクロススペース、スペーシアギア、eKクロス
  • 取付後イメージ(写真は日産 デイズ)
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV