デリーとマネサール、ニムラナをつなぐ鉄道計画発表

エマージング・マーケット インド・南アジア
デリーの南に位置するハリヤナ州のマネサールやラジャスタン州のニムラナは工業団地として近年発展を遂げているエリアであり、マルチスズキをはじめとする日系企業も多く工場を構えているエリア。

首都圏インフラ整備計画の一環として、デリー、マネサール、バワル、ニムラナを鉄道でつなぐ計画がデリームンバイ産業大動脈開発公社(DMICDC)より発表された。

これによりデリー市内からの通勤も容易となり従業員の雇用の幅も広がると見られている。

編集部

この記事はいかがでしたか?

編集部ピックアップ