【フィット プロトタイプ 試乗】商品性はソツなく手堅く…島崎七生人

試乗記 国産車
フィット プロトタイプ
フィット プロトタイプ 全 12 枚 拡大写真
テストコースで次々と試乗したプロトタイプだったが、どのクルマも印象はよかった。

ザックリというと、ハイブリッドはキレとメリハリのある、ストレスを感じさせない走りが実現されていた。低速でのEV走行からエンジンが自然に始動、DCTを介していかにも効率的に走る様の全体に眠たさはない。もう1台RSの6速MTの大人びたパワー感、乗り味にも好感がもてた。鷹栖のテストコースを高性能車で走った経験は少なからずあるが、これまででもっともリラックスして快適に走れた気がした。CVTが組み合わせられた1.3 リットル、1.5リットルも、不満のない走りをみせてくれる。

実用性、居住性等は問題なしだろう。商品としてソツなく、手堅くまとめられている。

ごく個人的な感想としては、デザインが少し気にかかる。外観でいうとやや煩雑なパーツ構成のフロントグリルやメッキのリヤガーニッシュなど。シンプルでクッキリした感じは1、2世代目のほうがあった。室内ではもっとモダンな雰囲気を楽しみたい気がする。インパネの液晶パネルが収まるあたりがビジネスライクだ。デザインは大多数のユーザーニーズを前提に、そうとう慎重に決められたに違いない。が、新型『フィット』ならではの斬新な世界観、突き抜けた感をデザインでももっと実感したい気もする。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

《島崎七生人》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}